<< 谷根千ぶらぶら vol.69 main 春を待つシャツ。 >>
昔から、小さなものが好きなのですが、
わが家の台所事情でも、その傾向が…。

年齢と共に、大きくて重たい鍋やフライパン、大皿が、使いづらくなり、
2人用くらいの小鍋や、小さな豆皿などが、
段々と増えてきました。





最近、最も出番が多いのが、この小さな土鍋。

元々、炊飯器がない家なので、鍋でごはんを炊く派ですが、
この土鍋で、1.5合炊き。
毎朝の朝食に、ぴったりです。

軽いし、洗うのも簡単。
使い勝手もよく、そして土鍋で炊くごはんの美味しいこと。
小さいけど、侮れない存在です。





昨日は、寒かったので、
お昼ごはんに、鍋焼きうどんを作りました。

これを作りたくて、小さな土鍋を探したのも、理由のひとつ。
ちなみに、無印良品のものです。

鍋焼きうどんと言えば、仕事の残業の時に、
夜食の出前で、食べた思い出があります。
でも、若かったので、鍋焼きうどんは、
私にとっては高価な夜食でした。

懐かしいです。


小松菜に、蒲鉾、海老天に、若芽、葱。
それから、わが家は、出汁巻き卵を入れます。
お汁がしみて、美味です。
温まりました。


日々のこと 15:07 comments(0) trackbacks(0) pookmark
COMMENT
COMMENT on this article









Track back URL
トラックバック機能は終了しました。
Track back
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE